TROUBLESHOOTING
トラブルシューティング

- お役立ち情報 -

汚染トラブルシューティング

汚染トラブルシューティング一覧

液クロで決まった位置にゴーストピークがみられます。
原因や対策がわかることもあるが、苦労するもしくはわからないケースもあります。

器具、システム、空間、人と汚染の原因は様々です。各操作ごとにブランクを測定してみるなどの地道な作業が必要になります。 東ソー株式会社

フッ化物イオン付近にピークが出現するようになりました。該当しうるイオンとその対策を教えてください。

通常フッ化物イオン付近には有機酸が溶出されることが多いと思いますので有機酸ではないかと思います。ただその種類やその成分が何なのかはICでは同定は難しいため、考えうるものからつぶしていくしかありません。 東ソー株式会社

分析室内でジクロロメタンを使用しているため、純水製造装置(他メーカー)から、ジクロロメタンが検出されます。このような事例は一般的でしょうか?

ジクロロメタンは非常に空気中に揮発しやすいため、混入した事例も多く聞きます。十分な部屋の換気、ドラフト内で作業を行うなど、空気汚染にご注意お願いします。どうしても解消しない場合は試薬を扱うときに距離を取る、超純水を扱う部

続きを読む

燃焼管イオンクロマトグラフィーを使用しており、オートサンプラー→燃焼炉→吸収ユニット→測定装置という構成のため、汚染源の特定が非常に困難です。

経験的には、燃焼ICの場合、燃焼管→吸収ユニットの間で、以前の試料由来の汚染が発生していることが多いように感じます。燃焼前処理装置をご使用の場合は、詳しくは装置メーカーにお問い合わせください。 東ソー株式会社

イオンクロマトでフッ素周辺に謎の成分がでてしまいます。硝酸ピークがリーディングします。

フッ化物イオン付近には様々なピークが溶出します。特に有機酸が原因である場合が多い気はします。硝酸イオンのリーディングは濃度が高い、カラムが劣化しているなど様々な要因が考えられます。 東ソー株式会社

フッ素の不明ピークが何なのか気になります。
ナトリウムの濃度が高くアンモニアのピークが見えづらくなってしまいます。

フッ化物イオン付近には様々なピークが溶出します。特に有機酸が原因も場合が多い気はします。ナトリウムとアンモニアの分離については、カラムや溶離条件で改善できる場合があります。詳しくは装置メーカーにお問い合わせ下さい。 東ソ

続きを読む