TROUBLESHOOTING
トラブルシューティング

- お役立ち情報 -

燃焼管イオンクロマトグラフィーを使用しており、オートサンプラー→燃焼炉→吸収ユニット→測定装置という構成のため、汚染源の特定が非常に困難です。

解決方法

経験的には、燃焼ICの場合、燃焼管→吸収ユニットの間で、以前の試料由来の汚染が発生していることが多いように感じます。燃焼前処理装置をご使用の場合は、詳しくは装置メーカーにお問い合わせください。

東ソー株式会社

コメント

現在コメントはありません。

コメントは承認制です。承認されたコメントのみ表示されます。

この情報についてご意見をお聞かせください

ご意見があればこちらからどうぞ
HOTなキーワード